せたログ

主に自転車の旅について,不定期投稿します

年末年始紀伊半島一人旅

年末年始紀伊半島一人旅part7

パンクのフラグを見事回収し、チューブを交換することもパッチで穴を塞ぐこともできないまま朝がきた。 山から下りてきた筈なのに-2℃の朝。 ここは温泉の駐車場。かなり冷え込んでいる。 自転車とテントにはしっかりと霜がおりていた。 目の前の湖からは湯気…

年末年始紀伊半島一人旅part6

無事に釈迦ヶ岳のご来光登山を終えた翌日。 久しぶりに自転車ツアーの醍醐味を味わうこととなる。 熊野をゆく 食料が尽きお店もないので、朝食は非常食のアルファ米となった。 沸かしたお湯を入れて封をして15分、放置しておくだけでご飯のできあがり。 アル…

年末年始紀伊半島一人旅part5

無事に下りきるまでが登山。 油断せずいきましょう。 銀世界 2019年の初日の出も拝めたことだし下山開始。 下山中も本当に良い景色だった。 紀伊の山々が果てしなく続いている。 積雪の木々の霧氷が銀世界を演出していた。 陽が高くなってくると白い雪が眩し…

年末年始紀伊半島一人旅part4

2019年1月1日午前1時半。 シュラフの中で目を覚ました時には 既に新しい一年が始まっていた。 標高1300m、テント内は-5℃。 辺りは真っ暗、携行していたランタンが夜闇をうっすらと照らしてくれる。 夕方に吹き荒れていた風は止み、空には星が煌めいていた。 …

年末年始紀伊半島一人旅part3

初日の夜、温泉のオーナーであるOさんに拾われた。 Oさんは笑顔で 「お前みたいなのは嫌いじゃ」 と何度も云いながら、たくさん身の上話をしてくれた。 私は餅とカニ缶を入れたラーメンとビールまでいただいてしまい、温かい布団で眠ったのだった。 山深くへ…

年末年始紀伊半島一人旅part2

今回の旅の最大の目的は釈迦ヶ岳のご来光登山と本州最南端の潮岬。 絶対に譲れないのはその二か所で、その他行けそうであれば獅子岩や伊勢神宮あたりも考えていた。 年末になかなか時間がとれなかったため、ルートは昨日の新幹線の中で雑に引いた。 まずは奈…

年末年始紀伊半島一人旅part1

プロローグ 夏の天草プチ旅を終えてからすぐに年末年始の有給申請をし 博多-新大阪間の新幹線切符をとった。 サラリーマンには貴重な9連休、どこかへ行かない手はなかった。 こうやってサイドバッグに荷物を詰めて 輪行袋に自転車を入れて列車を待つわくわく…